社員インタビュー

TOP > 社員インタビュー > 柄澤 茜
店舗と会社をつなぐパイプ役として、様々な視点から店舗の売上や作業改善に取り組んでいます。
柄澤 茜
(2009年入社)
商品部 SV課 青果担当スーパーバイザー
仕事内容

 青果部門の数値改善・向上のための、現場(店舗)と本社(バイヤーなど)をつなぐパイプ役、そして店舗を最大限にサポートする仕事です。店舗を回って売場展開や数値・作業面での現状を把握し、さらに店舗の意見や考えを吸い上げ、商品部内で共有します。一方で、バイヤーが売り込みたい商品、相場や天候などを考慮した売場展開を臨店時に店舗と連携し、具体的な改善策を考えて指導しています。

仕事のやりがい

 自分が指導した店舗の実績がみるみるうちに改善しているのがわかると、店舗の人たちと一緒に嬉しくなります。私が指導したことを実際に取り組んでいるのは現場の人たちです。忙しい中、しっかりと取り組んでくれたと思うだけでも、微力ながら店舗の数値改善に携わることができて良かったなと思います。店舗のためにできることは可能な限りやりたいですし、それが実を結んだ時に得られる達成感はひとしおです。
 また、多くの人と接するなかで、私には作れないセンスの売場であったり、数字の取り方がたくさんあることに気が付きます。臨店すると新たな発見を得られたり、まだまだ見習うべきところ、勉強するべきところがあるので、成長できる可能性にあふれています。

仕事の難しさ

 仕事は一人ではできません。どんな仕事も必ずたくさんの人が関わってきますし、多くの人たちの協力を得ながら私の仕事は回っています。しかし仕事である以上、仲良しなままでもいられません。時には厳しいことも口にする必要があります。数値改善のためには人の教育が欠かせないものだと思いますが、多くの人たちと接していると様々な個性の人たちがいることに気付きます。一人ひとりにあった指導方法もあるとは思うのですが、なかなか思いが伝わらなかったり、誤解されてしまうことがあったりなど、人と関わる難しさは常に感じています。

社風について

 私には困った時に助けてくれる上司や先輩・同僚がたくさんいます。常々思うのですが、私は本当に一緒に働いている上司や同僚に恵まれていると思っています。ただ環境に甘んじてばかりもいけないので、何かを人に尋ねるときは分からないなりにも自分の中である程度の考え・答えを持った上で、人に聞くことを心がけています。自分の考えも交えた上で話を聞くと、成長のチャンスが何倍にもなって返ってきます。そんな環境の中で仕事ができるということは、本当に幸せなことだと思います。

今後の目標や夢

 あらゆる視点からものごとを多角的にとらえることができる、信頼される人間になることです。現在、青果SV課は男女1名ずつ、2名体制となっており、都度連携しながら店舗に還元できるように仕事を進めています。お互いに自分の意見や考えを持っているので、連携していく中で自分にはなかった視点や自分ならではの視点に気づくこともあり、互いに補いあえる理想的な環境だと感じています。常に新たな視点を意識できるようになるチャンスが今の職場にはあるので、それを自分の成長に変えていきたいですね。

学生の方へのメッセージ

 常に考えることを忘れないでほしいです。何でもいいですし、間違っていてもいいです。自分なりの考えや答えのようなものを持っていて欲しいと思います。仮に間違っていたとしても、軌道修正すればいいだけです。何も考えずに言われたことをただやっているだけでは、成長できません。
 自分から主体的に行動に移せるようになると、成長のチャンスが一気に広がります。社会人になるとはどういうことなのか。不安な気持ちでいっぱいだと思いますが、困った時は周りが助けてくれます。就活中に、自分の将来と思いっきり向き合ってください。