社員インタビュー

TOP > 社員インタビュー > 田村 郁弥
売場や数値を分析することで、売上アップの施策を立案。部門内の協力を得ながら実行しています。
田村 郁弥
(2015年入社)
村上店 惣菜部門 主任
仕事内容

 店舗の惣菜部門の主任として、部門の売上額や荒利額といった数字の管理や、パートナー社員・アルバイトへ教育や労働時間の管理、製造計画書の作成や発注業務、そして自分自身も商品製造や品出し作業に入りながら売場管理をするなど、仕事内容は非常に多岐に渡ります。

仕事のやりがい

 日々、売場や数値を見ている中で「こうしたらもっと売れるんじゃないか?」と考えて実際に売場を変えた時に、思惑通りに売上が伸びた時に非常に大きなやりがいと喜びを感じます。スーパーの仕事は自分のやったことが数値として明確に結果に表れるので、そうした点は面白いですね。

仕事の難しさ

 お盆休みや年末年始といった繁忙期は、その準備段階から計画や発注業務が忙しくなります。そして当日は早朝からひたすら作業に追われますので、体力勝負なところがありますね。
 またパートナー社員をはじめ部下のほとんどは、自分より年上で人生の先輩にあたります。自分がまだ未熟であることを認めた上で、みなさんの協力をうまく得られるように働きかけるのは、難しく感じることがあります。

社風について

 「習うより慣れろ」といった部分が多い仕事だと感じます。ただウオロクで働いていて、仕事をやらせてもらえない、新しいことに挑戦させてもらえないといったことは、私の知る限りまずありません。そういった社風もあって、会社として毎年業績を伸ばしているのだと思います。

今後の目標や夢

 現在は店舗の惣菜部門主任として、現場の最前線で仕事をしていますが、さらに経験を重ねていずれは自分の考えや取り組みをもっと広い範囲に発信し働きかけることで、会社と地域の利益に貢献できるような人材になりたいと考えています。

学生の方へのメッセージ

 私が就職活動をしていた時は、給料や年間休日、福利厚生といった面ばかりに注目していました。もちろんそこも大事な点ではあるのですが、それよりも「仕事をしていて楽しさややりがいを感じる瞬間があるか?」といった数字だけでは見えない部分が、働き始めて何年か経過してくると大事になってくると、今は実感しています。自分がその会社に入ってどんな風に仕事をしているのか。ぼんやりとでも良いのでイメージを持って就職活動をしていってもらいたいと思っています。